PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2021マスターズ遠征記録>大会前日
大会前日
境港に向けて
島根県観光
米子にて
大会前日
大会一日目
大会二日目
帰りのフェリー
レース成績
   
車中泊仕様車
11月5日
朝8時過ぎに「米子ニューアーバンホテル」を出発し、途中で朝食を食べて9時30分頃に境港公共マリーナに到着。
駐車場入口付近はすでに車中泊軍団に占領されていました。

画像提供:K見山さん
受付開始・チャーター艇引き渡しは午後1時からのため、ダラダラとした午前中を過ごす。

午後1時過ぎに受付開始と同時に受付を済ませ、チャータ艇を受け取って艤装開始しました。
チャーター艇は15万番台の艇で、著しい損傷ヶ所等もなくメインブロックも私の愛用しているHARKENの57mmシングルだったので交換の手間が省けてよかったです。

http://harken.jp/
デッキのカムクリートベースセットをHOLTからHARKENに交換。
これはHOLTではコンパス取付に支障があることと、HARKENのほうが普段使い慣れているから。
ブロックプレート+ブロックとHARKENのカムクリートベースセットはチャーター艇が旧艤装だった時のためと予備部品として何時も工具箱の中に入れてあります。



画像提供:PSJ
持参したトラベラーシートとトラベラーブロック、ハイキングストラップ後部へのショックコードと調整用シート等の取付を終え、開いているセルフベイラーを閉めようとしたが閉まらない。
チャーター艇担当者にそのことを説明し、セルフベイラーを取り外して点検してみることの許可を得てセルフベイラーを外してみたら「シリコンOリング」が消滅していた。切れていたでは無くて消滅していた。
PSJのK林さんに確認したら「シリコンOリング」は欠品していて明日15時頃に届くとのこと。
そこでセルフベイラー用スプリングセットをチャーター艇担当者が購入してくださり、取付してみましたがセルフベイラーの一部が摩耗していてベーラーを数度開閉しただけでバネが飛び出す始末です。
結局のところセルフベイラー全体を交換することとなったのでした。


画像提供:PSJ
セルフベイラー全交換という思ってもいない作業がありましたが、何とか無事にチャーターを艤装出来る状態に作り上げ、艤装して各部のチェックなどをして15時過ぎにはオーニングをかけて艇体を明日からに備える準備は完了しました。

国体等でもそうですが、ハーバー内を移動するには自転車が重宝します。
折り畳みとは言え少しだけ荷物にはなりますが、レース遠征に自転車は必須です。

写真提供:K見山さん
今回のマスターズでは、女性陣に北海道銘菓を配るということを当初から計画していて数個の「大平原」と「マルセーバターサンド」を用意して境港に来ていました。
自転車でハーバー内を徘徊して女性陣に北海道銘菓を配って喜ばれましたが、だからと言って何かいい事があったかと言うと・・・何も無いですよ。
今年の境港で車中泊軍団は、ハーバー入口側に陣取る軍団とキャンプ場側に陣取る軍団に二分されました。
キャンプ場側を一番で陣取った私、トイレに近いことと艇置き場に近いことが理由ですが、前夜祭の盛り上がりはハーバー入口側の圧勝でした。
T丸さん家のもつ鍋人気は圧倒的で、我々キャンプ場側軍団が加わる隙も無し。
私と今さんはSUPER CENTER PLANT−5で食材を購入して寂しい夕食でございます。
私の夕食は「大きな鮭おにぎり」「酢豚とエビチリセット」でした。
何故かこれが予想外の美味しさでした。

一人に一杯づつ配られた「紅ズワイガニ」もとても美味しゅうございました。
 
写真提供:T野さん

酒も飲まずにレース前日の夜を過ごす品行方正な2人。
これが明日のレース成績に良い影響を与えるのかは・・・明日の心だー
 
明日の心だーもいいけれど、9月末くらいから両膝の痛みに悩まされています。
特に、数年前に脛骨・腓骨を骨折しチタンブレートを出し入れした右膝は車に乗ってアクセルを踏んでいる時は痛くもないけれど、車から降りようとする時にすごく痛い。
痛いのを我慢して歩くと、いつのまにか回復すると言うことを繰り返しています。
きっと年齢のせいだと病院にも行っていませんが、物は試しで「リョウシンJV錠」を服用したら2週間くらいで膝の痛みが軽減された感じです。
GGMの仲間入りして数年経つような年齢となると、体のあちこちにガタが出てきます。
あと何年ヨットに乗れるのかは神のみぞ知るです。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.