PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2016マスターズ遠征記録>余裕の北上
余裕の北上
いざ大分へ
大分到着そして前夜祭
大会初日
レセプション
大会二日目
混浴・・・
余裕の北上
帰りのフェリー
レース成績
9月19日
結局のところ、マスターズ終了後に別府で入浴できたのは「別府温泉保養ランド」だけで、明礬温泉をウロウロしている間にも台風16号は九州南部に接近してきます。
大分自動車道経由で帰ろうとナビを設定したら、別府ICではなく湯布院ICから高速に乗りなさいとの指示。
すでに九州の自動車道では通行止め区間が発生していました。

過去何度か九州から舞鶴まで一気に走行することを経験していますが、速度規制、事故渋滞等で舞鶴で乗船するフェリーの出港時間ギリギリに舞鶴に到着したということが数度ありました。
今回も台風接近で、舞鶴までの道程で何があるか判りません。
19日21時過ぎに湯布院ICから大分自動車道に乗り、20日23時半までに舞鶴港に到着することを目指して余裕の北上開始。

何処のSAとかPAで休憩するかは決めずに眠たくなったら寝るという作戦でしたが、大きな問題が発生。
車の後部に車中泊スペースが設定されている私の車ですが、寝る時はセンター・ラダーと船台のタイヤを車の下に移動させてスペースを作成しています。
ところが、19日は激しい降雨でセンター・ラダーと船台のタイヤを車の下に移動させることは不可能。
 
車の後部で横になることが不可能なので、ネックピローを首にセットし運転席で寝て、目が覚めたら走行し、眠たくなったらまた寝るということを繰り返しました。
車中泊仕様に改良した車での遠征で、降雨が理由で横になって寝れないということは今回初体験でした。
荷物の量を減らすにも限度があり、現状の車での車中泊は厳しいことを実感。
「軽キャン」導入を本気で検討中です。
 
9月20日
午前5時半
広島県に入りました。
 
午前6時5分
宮島SAで朝食休憩


午前8時15分 
宮島SAを出発。
舞鶴まであと407km

午前11時40分 
福山SAで休憩
雨が止みました。
 
午後13時15分
吉備SAで昼食

午後14時13分
吉備SAを出発

吉備SAでの昼食で、見本と現物の差を痛感

見本 

実際に運ばれてきたのは
 
ご飯の盛が良いので肉が小さく見えるのか・・・・??
それとも、本当に肉が小さいのか・・・?
美味しかったので、まあいいですが。
 
18時20分
西紀SAで夕食

ここでも見本と実物の違いが・・・

見本
 
実物
海鮮入り五目ラーメンを注文したのですが、海鮮の姿が見えません。
ネギラーメンじゃないよね。

海鮮が食べたかったのに・・・と残念がっていたら
ほとんど食べ終わるくらい下のほうから海老さん登場!!
とても恥ずかしがりの海老さんでした。
これまた、とても美味しかったので良しとします。
 
20時40分
舞鶴港に到着
予定よりも3時間早く舞鶴港に到着し、やれやれです。
時間的に余裕があることは精神上とても良い。
時間に追われて高速道路を走行していると事故の危険性もあるし、「もしかしたらフェリーは出港してしまったか?」など精神衛生大変に悪いです。

台風16号接近のおかけで余裕の北上が出来ました。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.