PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2016マスターズ遠征記録>大会初日
大会初日
いざ大分へ
大分到着そして前夜祭
大会初日
レセプション
大会二日目
混浴・・・
余裕の北上
帰りのフェリー
レース成績
9月18日
ここ数年マスターズ遠征は車中泊することが多いのですが、今回は別府駅前のビジネスホテル「はやし」に17日から二泊しました。
ハーバーから徒歩10分くらいの別府駅の目の前にあって、宿泊料金は朝食付きで一泊4500円。
少し古いホテルで、トイレの中が水漏れしている、窓が開かないなどの問題がありましたが、寝るには大きな問題は無し。
最上階にそこそこ大きなお風呂もあって、遠征の宿泊先としてはまあまあでした。
 
ホテルの目の前が別府駅ですが、別府駅前と言えば別府観光の父である油屋熊八の銅像。
 
ホテルからハーバーに向かって歩いて1分くらいのとこにある「駅前高等温泉」
入口向かって右側が「あつ湯」、左側が「ぬる湯」とお湯の温度によって入口が違います。
朝6時から営業しているので、18日は朝食前に入浴しに行きました。
警戒して「ぬる湯」に入りましたが、41度位で熱くも無くぬるくもなくでした。
入浴料金200円
 
スタンダードクラス41艇・ラジアルクラス50艇・4.7クラス1艇のトータル92艇が参加した今回のマスターズ
北浜ヨットハーバー隣の公園も艇置き場として利用されました。
緑の芝生の上のヨットは普段見ることの出来ない光景です。


 
セイルに「Patio Systems」のステッカーが貼られているのは加藤会長の艇と私の艇。
「Patio Systems」は加藤会長の経営されている会社ですが、私は社員でも何でも無くて、単に「もし差支えなければ私の艇のセイルにも貼りたいのですが」と無理言ってステッカーを貰いました。
最低でも中間より前を帆走、出来ればトップグループを帆走しなければ・・・とかなりのプレッシャーを感じるステッカーです。
 
今年4月22−30日に開催されたメキシコマスターズワールドに参加した美香さん。
ワールド選手は人前でも平気で着替えをしますが、美香さんもお尻を見せるくらいは平気です??
この写真、ショートパンツを履く前の一瞬を撮影したものですが、本人はいたって陽気です。
ジム通いして鍛えた体は素晴らしい。


 
10時30分から開会式開始
 
レーザー協会加藤会長のご挨拶


 
昨年度の総合チャンプ大工さんから優勝ラダー返還
参加艇数の多いクラスの優勝者が優勝ラダーに名前を刻むことが出来ますが、今までにスタンダード・ラジアル両クラスを制したのは高松の九冨さんだけと思われます。
今年はラジアルクラスの参加艇が多いので、ラジアルクラス優勝者がこの優勝ラダーに名前を刻むことが出来ます。
2年連続で優勝ラダーに名前を刻むために、大工さんはラジアルでエントリーされました。
吹かない、吹かないと言われている大分で、この体格でラジアル優勝を企むチャレンジャー精神はすごい!!
果たして大工さんは2年連続で優勝ラダーに名前を刻むことが出来たのか??
 
選手宣誓は今年のいわて国体少年女子レーザーラジアル級大分県代表選手である上園田明真海さん。
マスターズレースというと年寄ばかりのレースか?と思われがちですが、ラジアルクラスには地元高校ヨット部の女子が参加することが珍しくありません。
今年のマスターズラジアルクラスには、いわて国体少年女子レーザーラジアル級に出場する選手が3名もエントリーしていました。
 
もしかしたら1レースも成立しないかも知れない今年のマスターズ
とりあえず記念撮影だけでもしておけば・・・と、開会式直後に記念撮影
 
予想通りに18日は風が吹かず。
一度だけスタンダードクラスの予告信号が発せられましたが、風が無くなって回答旗掲揚。
3時間程海上で風待ちするも風は吹かず。
18日のレースは行われず。
果たして19日は風が吹くのか吹かないのか・・・
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.