PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2015マスターズ遠征記録>磐梯熱海
磐梯熱海
新潟経由で猪苗代へ
前夜祭
大会初日
レセプション
大会二日目
磐梯熱海
震災の爪痕
仙台うみの杜水族館
帰りのフェリー
レース成績
7月26日
 何時ものマスターズは独り寂しく遠征ということが多く、どちらかと言うと車中泊中心でホテルに泊まるなんてことはそんなに多くはありませんでした。
今回のマスターズは同じ小樽フリートから合計4名が遠征しましたが、レースが終わった26日は同じフリートのK西君とS田さんの3人で磐梯熱海温泉の「湯のやど 楽山」に宿泊しました。
 
「湯のやど 楽山」は客室20室というこじんまりした宿ですが、「かまどレストラン」というオープンキッチンスタイルの和風レストランが名物の宿です。

「かまどレストラン」は6つの「かまど」コーナーと「おばんざいコーナー」がメインの和風空間です。
地物の食材にこだわり、御飯は「炊きたて」、野菜は「茹でたて」、肉や魚は「煮たて」と、どれもができたてほっかほかでした。

これが本日のメニューです
これが暖物の「エゴマ豚シャブ」

これが「湯のやど 楽山」名物の「かくれんぼ鍋」
沢山の旬の味覚を約900度に焼いた石で豪快に煮る名物鍋
野菜がシャキシャキで、家で作る鍋とは一味違った味でした。

6つの「かまど」コーナーとおばんざいコーナーからチョイスした料理の数々
 
どれもが旬の食材の旨味が生かされた、心のこもった美味しい料理でこざいました。

和風テイストのお風呂の看板??
 
 
 
に入りたかったけれど・・・・

無難にこちらに入った
 

男湯の露店陶器風呂(信楽焼)。女湯にある露店陶器風呂は信楽焼では無いらしい


 

 
大浴場にある露店風呂
 

 
 

こんな可愛いらしい注意書きが、虫に対しても宿の優しさを感じます。
 
 
とても和風テイストな宿であることは、入り口を入ったフロントエリアで一目瞭然




 
食堂にもかわいらしい物、手作りの物が沢山飾られています。
 





 
館内のいたるところに和の雰囲気が漂う、素敵な宿でした。
 







 
福島県に行かれることがありましたら、是非とも磐梯熱海温泉の「湯のやど 楽山」にお泊りください。
 

宿の向かいに駐車場があります。 
 
 

http://www.rakusan.jp/
 
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.