PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2014マスターズ遠征記録>熊本あれこれ>天草
熊本あれこれ
新居浜を目指して
大会初日
大会二日目
熊本あれこれ
阿蘇の高原ドライブ
熊本城
道の駅「宇土マリーナ」
天草
鹿児島あちこち
帰りの様子
レース成績
天草
 キリシタン文化が息づく島 天草
キリスト教が天草に伝わったのは安土桃山時代。その後、江戸時代には弾圧などの苦難のときを経ましたが、現在、天草にはエキゾチックな文化遺産が数多く残っています。
絶景のシーサイドをドライブしながらそれらの文化遺産を訪ねてみよう・・・
などと「じゃらん」の天草ドライブ記事に惹かれて天草をドライブしましたが、完全に時間配分ミスでした。
ゆっくりと見れたのは「天草五橋一号橋」からの景色のみ。

奥に見えるのが「天草五橋一号橋」
天草五橋と言うくらいなので、天草には島を結ぶ五つの橋があります。
一番綺麗な景色が見れるのが「天草五橋一号橋」らしい・・・

そして、これが「天草五橋一号橋」からの景色
橋の上は駐停車禁止なので、橋を渡った先にある駐車場に駐車して、写真撮影するために徒歩で橋まで戻ってくるのですが、普通の人はそこまでして写真撮影はしないと思われます。
ある意味、貴重な写真かも知れません。
大江天主堂

 昭和8年にフランス人宣教師ガルニエ神父が地元の信者と力を合わせて建てた教会
小高い丘の上に立つロマネスク様式の教会です。
小高い丘の上に教会があるために、一般の観光客は丘の下にある駐車場から木立の中にある坂道を登って教会まで行きます。
その途中にあった聖母マリア像

天草キリシタン資料館「天草ロザリオ館
駐車場の一角にありましたが、時間の関係で中は見れず、と言うか、訪れた時間が遅くて閉館していました。

小高い丘の上にある「大江天主堂」
左下が丘の下にある駐車場の一角にある「天草ロザリオ館」

天草には、まだまだ文化遺産が沢山ありますが、時間の関係で見物したのは「大江天主堂」のみ。
主よ、我を許したまえ・・・
夕食は「満海御膳」
非常にバタバタとした感じで天草を一周し、今夜の宿である「道の駅 みなまた」に向かう途中の道路沿いで食堂を探しましたが、海沿いだけに海鮮の店が多い。
昼は刺身定食だったので夜は肉でも・・・と思いつつ、目につくのは海鮮の店ばかり。
仕方なしに入ったのは森鮮魚店直営「レストラン満海
食べたのが「満海御膳」

9月8日は中秋の満月でしたが、サービスで月見団子付き

道の駅 みなまた」駐車中の車から見る満月
車の中から満月を見ながら一杯飲んで寝る・・・
少しだけ寂しさを感じたりしてね〜
明日は鹿児島観光です。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.