PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2014マスターズ遠征記録>熊本あれこれ
熊本あれこれ
新居浜を目指して
大会初日
大会二日目
熊本あれこれ
阿蘇の高原ドライブ
熊本城
道の駅「宇土マリーナ」
天草
鹿児島あちこち
帰りの様子
レース成績
熊本あれこれ

 2008年の高知マスターズの時に、「桂浜」「高知城」「金刀比羅宮」「栗林公園」「渦の道」などを観光しているので、今回は四国の観光には目もくれず。

四国の隣にある九州で一度も行ったことがないのが「熊本」「鹿児島」の2県だけなので、特に「ここが見たい」などの思いは無いけれど、7日の夜に八幡浜から宇和島運輸のフェリーで大分県臼杵に渡りって「熊本」「鹿児島」をドライブしてきました。

行き先決定の参考書は「るるぶ情報版 九州16 九州ベスト’14」
この本には、九州7県の旅プラン68パターンが掲載されていて、そのプランの所要時間・交通手段・見所・食べどころ・買物等の旅のプランが満載です。
今回は「熊本」と「鹿児島」の「ここに行ってみよう」と思った所を巡ってみました。
九州に渡りました
9月8日 
 22時に八幡浜を出港して8日0時25分に臼杵に着くフェリーに乗りましたが、レースの疲れもあって2等船室の畳の上で爆睡。
臼杵着岸10分前に「そろそろ着きますので、車に戻ってください」とフェリー会社の方に起こされる始末です。
しかし、わずか2時間程の爆睡のおかげで九州に上陸後に宿泊予定の「道の駅 すごう」まで快適に車を飛ばすことができました。

臼杵から1時間半程のとこにある「道の駅 すごう」が9月8日の宿泊地です。
「カローラフィールダーハイブリット(一部寝室仕様)」に宿泊します。
本州は国道と言っても北国と比べると狭い道があったりしますが、九州はなかなか走りやすい道が多い。
臼杵から竹田市大字菅生にある「道の駅 すごう」までの国道57号線は、深夜で交通量が少ないこともありますが、大型トラックも皆無で走り易かったですし、道の駅の駐車場で寝ていても、隣にトラックが駐車することも無いのでとても静かでした。

真夏なら暑くて車内で寝るのは大変ですが、9月に入ると寝苦しいこともありません。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.