PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2013マスターズ遠征記録>伊豆半島一周
伊豆半島一周
いざ浜名湖へ
台風は?
沼津にて
伊豆半島一周
 9月1日の午後6時少し前に、今回の遠征で唯一の観光場所である伊豆半島一周のスタート地点に決めた伊東市富戸に到着しました。
宿泊するのが「朝どれ活魚の温泉宿 おきひがし」
伊東市富戸は、20数年前に仕事で半月程滞在した場所で、「あしたば」という民宿に宿泊していましたが海の幸を毎日楽しんだ思い出の地です。
今回は、そんな思い出の地を是非もう一度訪れてみたいとの思いで、伊豆半島一周で遠征の締めをすることにしました。
夕食はもちろんのこと、朝食も海の幸が沢山出る。
しかも宿泊料金が安いと評判の「朝どれ活魚の温泉宿 おきひがし」
その評判通りに、夕食は一人に対して舟盛り1つのお刺身を筆頭に、テーブル狭しと海の幸のオンパレード。
残念ながらカメラを忘れて食事場所に行ったために、夕食の写真は無し。
そのかわりに2日の朝食はこんな感じです。
これ「イカゴロ」というイカの内臓です。
この弾力は「朝どれイカ」である証拠で、生きのいい物である証。
朝からこんなのを食べられるなんて幸せです。
朝からお刺身
朝どれイカとイナダ?でしょうか・・・
このイカ、北海道の道南で食べる「スルメイカ」と同じ種類なのか、とても甘くて美味しかったです。
9月2日は伊東を出て、国道135号沿いに下田まで、下田から国道136号で南伊豆町まで行き、県道121で松崎温泉まで移動し、松崎の「なまこ壁通り」を散策。
136号線沿いの黄金崎を見物し、元祖こあじ鮨総本店 包丁処「八起」で昼食

元祖こあじ鮨総本店 包丁処「八起」では「こあじ鮨」を食べましたが、残念ながら写真は撮影していません。
駐車した車のナンバーが札幌ナンバーと言うことで、「遠いところからわざわざ有難う」と女将さんと大将に大変に親切にしていただきました。
誠に有難うございました。
評判通りに、小アジと薬味のバランスが絶妙な鮨でした。
西伊豆には富士山が綺麗に見えるスポットが、県道17号線戸田付近、国道136号線大久保付近、そして「だるま山高原レストハウス」等々何ヶ所かありますが、夏場はなかなか綺麗に見える時に遭遇することが困難のようです。
まずは「だるま山高原レストハウス」に行って様子を見てみましたが・・・

天気が良ければ、このように見えるのですが・・・

今回は残念ながら富士山どころか、周囲の山も見えず。
富士山を見るのなら、空気の澄んだ冬場でしょうか??
富士山が世界遺産に選ばれたということで、実に多くの「富士山XX」という商品が販売されています。
こんなコーラやサイダーは、何処に行っても目にすることが出来ます。
台風の接近等の自然条件による大会開催の有無決定の時期、大会を中止とするのか未定延期とするのか、延期開催時期を明確にしての延期とするのか、色々な問題に遭遇した2013レーザー全日本マスターズ。
私は今回のマスターズ開催は無理であることを8月28日に決定したことに対しては、的確な判断であったと思っています。
但し、中止ではなくて、とりあえず未定延期としてほしかったと思っています。

一度は中止とアナウンスしておきながら、「2013レーザー全日本マスターズ」という名称で延期開催することに私個人は納得はしていません。
開催するのなら「2013レーザー全日本マスターズ(代替大会)」という名称で開催していただきたい。
何故なら「2013レーザー全日本マスターズ」は8月28日に中止決定しているから。
競馬でも何でも中止となったレースを延期開催する場合は「代替大会」という名称を使います。
マスターズという大人の大会なのですから、そのあたりの常識はわきまえてほしいと私は願っています。

決して10月26・27日に開催されるレースには反対はしていません。
暇と金があれば参加したい気持ちでいっぱいです。
がしかし、そんなに何度も本州遠征できるような暇と経済的余裕が無いのが現実。

来年以降、また今年のように自然条件その他の理由によりマスターズが予定していた期間に開催不能となった場合、安易に中止と決定するのでは無く未定延期というような決定をしていただきたいことをお願いして、2013マスターズ遠征記録の結びとさせていただきます。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.