PAGE TOP ▲

表 紙 >MyBoat>ラダー周り
ラダー周り
メニュー
ラダー自体は変更不可能ですが、
ティラーとテイラーEXは各人各様です。
私の艇の場合はこんな状態です。
1.ラダー:純正品
2.ティラー:USAカーボンフラットティラー
  トラーベラーブロックとの磨耗を防ぐためにアルミダイキャスト板が付いています。
3.ティラーエクステーション:スーパーグリップ付き
 もう一種類「カーボン極太」を予備として持っています。
 詳細は次の画像
左が「カーボン極太」
右が「スーパーグリップ付き」
最初はタック時の操作を楽にするために、カーボン極太をワングリップ(10cmくらい)カットし使用していましたが、軽風時にかなり前方に乗るために操作しずらいこと、エクステーション自体への加重に弱い感じがしてスーパーグリップ付きに変更しました。
今のところ満足して使用しています。
ラダーダウンロープはラダーヘッド内で2分の1のテークルを組んでいます。
クリート前ではテークルは組んでおりません。
緩むことを防止するためですが、ラダーを降ろすのは楽ですが上げる時は少し注意が必要です。
新艇を購入する前はティラーを毎回抜いていたもので、ティラーとラダーヘッドの間にガタはありませんが、長時間のレースの最中に少しだけ抜けかかったことがあります。
そのためにティラー抜け止めピンを付けています。
現在は紛失防止のために3mmくらいのシートを利用していますが、細いショックコードに交換予定です。
変更しました
抜け止めピンの紛失防止シートを3mmのショクコードに交換しました。
永井選手のMyBoatでピンドルとガジョンの間にワッシャーを一枚噛ますと抵抗が減ることを知り、早速試しています。
ラダーの動きが滑らかで感覚的にも非常に良好です。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.