PAGE TOP ▲

表 紙 >MyBoat>ガジョンの交換
ガジョンの交換
表紙へ
ティラー&ティラーEXT交換に合わせて、ガジヨンの上下交換をしています。
艇のスターンに取り付けられているガジョン
ラダーが差し込まれる穴の形状が、私には少し疑問があります。
何故に逆ハの字のような穴なのか?
こんな穴の形状のせいで、ラダーがガタつくのでは?
反対側の穴は逆ハの字では無いので、上下逆に取り付けすることにしました。
写真は上の部分のみ上下逆に取り付けしたところ。
上下全て最初に付いて物を逆にして取り付けしました。
これにより、今まで多少あったラダーのガタつきが解消されました。
下のガジョンにだけワッシャーを2枚挟んでからラダーを取り付けします。
何故に下のガジョンにだけワッシャーを挟むのか?
何故2枚なのか?
それは、以下のような理由から。
ワッシャーを2枚挟むことにより1mmラダーが上に上がります。
何故に下のガジョンにだけワッシャーを挟むのか?
上下のガジョンにワッシャーを一枚づつ挟んだ場合
ティラーと艇体の間の隙間は1mm弱になり、
もう少し艇体との隙間がほしいところ。
下のガジョンにだけ2枚のワッシャーを挟むと
上のガジョンとラダーの隙間が1mmできます。
それにより上のガジョンはラダーによって摩耗する箇所が少なくなります。
下のガジョンは、ワッシャによってラダーとの摩耗が防止できるだけではなく
ガジョンとラダーの摩擦抵抗が軽減するので、ラダーの動きがスムーズになります。
ティラーと艇体の隙間も2mm弱できますので一石三丁の効果です。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.