PAGE TOP ▲

表 紙 >右足脛骨・腓骨骨折>リハビリ(6)
リハビリ(6)
治療記録まとめ
骨折しました
根室市内の病院へ搬送
釧路市内の病院に転院
個室に隔離
手術しました
車椅子生活(1)
車椅子生活(2)
松葉杖&退院
リハビリ(1)
リハビリ(2)
リハビリ(3)
リハビリ(4)
リハビリ(5)
リハビリ(6)
抜釘を目指して
抜釘手術(1)
抜釘手術(2)
抜釘後の経過
5月12日(手術後115日目)
 連休を挟んで2週間ぶり24度目のリハビリに行ってきました。
当初は、レントゲン撮影&診察&リハビリの予定でしたが、主治医が5月12・13日は不在とのことでリハビリだけ行いました。
チェックする部分は右足のつま先の動きのみ。

連休中は趣味のヨット関係で三重県津に遊びに行き、陸置きされているクルーザーの中で寝泊まりするために梯子の上り下りを朝夕していましたが、つま先の運動にはあまりなりませんでした。

写真の人は私ではなく、友人のK西君です。
結局のところ、宿題だった「右足のつま先立ち運動と片足立ちでバランスをとる運動」はサボリ気味で、右足つま先の動きが著しく良くはなっておらず19日のレントゲン撮影+診察の時にリハビリが追加されました。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
5月19日(手術後122日目)
 今日は25度目のリハビリ、8度目の診察とレントゲン撮影に行ってきました。
レントゲン撮影+診察の前にリハビリをしましたが、特に先週から真面目に自主トレしたわけでも無いのに、リハビリ後は歩行姿勢も階段の上り下りも絶好調。
ほぼリハビリは終了段階と言われ、あと数回のリハビリでリハビリ通院の必要は無いみたいです。

レントゲン撮影結果は、特に著しく仮骨形成が進んでいるわけでもなく「無理な運動はしないこと。跳んだり跳ねたりはしないこと」と主治医に言われました。

左右のふくらはぎの太さは変わらなくなりましたが、骨折した右足くるぶし部分の骨は仮骨形成で骨自体が若干太くなっているので、筋肉量的にはまだ左足と同量までは回復していません。

次回のリハビリは30日、レントゲン撮影と主治医診断は6月2日です。
リハビリは週一、レントゲン撮影と主治医診断は2週間毎というパターンに変化はありません。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
5月30日(手術後133日目)
 通院後26度目のリハビリに行ってきました。
状態的には「右足つま先の動きの微調整」という感じです。
リハビリでは、右足首を外側(右側)に動かすことを繰り返し行い、つま先立ちスクワットという運動も自主トレメニューに加わりました。

右足だけでの片足立ち・つま先立ちは苦にならず、つま先の可動範囲が1ヶ月前とは比べ物にならないくらいに広がりました。
もしかしら左足よりも右足のほうが動きが良い感じです。
今までは気にもしていなかった「歩行する時のつま先の動き」ですが、リハビリしていく中で「人が二足歩行するためには、ものすごく色々な筋肉を使っているんだなー」と感じます。
リハビリでは、大きな鏡に向かって歩いて歩行姿勢をチェックしていますが、綺麗な姿勢で歩くことがいかに大変かを実感しています。
同時に、他人の歩行姿勢を意識的に見ることが増えましたが、歩行姿勢が悪い人が多くて驚きです。

骨折して学んだことが数多くありますが、運動の基本は歩くことであり、階段の上り下りが一番手軽な運動であることを感じたことも、骨折してリハビリしていく過程で学びました。

次回は6月2日にレントゲン撮影+診察+リハビリです。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
6月2日(手術後136日目)
 今日は27度目のリハビリ、9度目の診察とレントゲン撮影に行ってきました。
リハビリは3日前に行ったばかりなので、今日は右足大腿四頭筋のマッサージをしてもらいました。
右足の動きを意識しながら歩くために、右足大腿四頭筋に負担がかかっているみたいで、マッサージしてもらったら右足の動きが軽くなりました。
週に一度でいいので、風呂に入った時にでも自分で右足大腿四頭筋のマッサージをしたほうがいいですよと理学療法士さんに言われました。

レントゲンは、1ヶ月前と比べると明らかに骨折箇所が仮骨で覆われてきていることが判ります。
「順調に回復していますよ。平均的な回復具合いです。」「だからと言って、決して無理な運動はしないこと」と主治医に言われました。

右足のむくみはほぼ無くなりましたが、骨折箇所が仮骨で覆われてきた影響で右足のスネの部分が太くなってきました。
髄内釘を固定しているボルト上下4本の部分が、骨折箇所が仮骨で覆われいくに従って違和感を感じるようになってきました。
骨が少しづつ成長?しているからでしょうか??
髄内釘を抜く予定は無いので、この違和感とは一生付き合うことになるのでしょう。
湿度が高くなると右足にだるいような痛みも感じるようになってきました。
足首部分は髄内釘を固定しているボルトがくるぶしの部分に入っていますので、右足のくるぶし部分は多少浮腫んでいないとボルトの違和感を諸に感じることになります。
幸いに右足くるぶし部分の浮腫みはまだ残っていますので、このまま浮腫んでいてほしいものです。

次回のリハビリは10日、レントゲン撮影+診察が16日です。
リハビリはあと2〜3回で終了予定ですが、レントゲン撮影+診察も月1になるかも知れません。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
6月10日(手術後144日目)
 1月10日に骨折してから今日で5ヶ月が経過しました。
テレビではベッキーの5ヶ月ぶりの記者会見が流れていましたが、5ヶ月前の外は雪景色の個室からベッキーのゲス不倫ニュースを見ていた頃が懐かしく思い出されます。
そんな骨折からちょうど5ヶ月経過した今日、28度目のリハビリに行ってきました。
右足の具合はすこぶる良好で、今日のリハビリでは左右の足のつま先の曲り具合をチェックされ、ほぼ左右の動きに差が無くなったことが判明しました。

歩き方や階段の上り下りの姿勢も問題無しで、次回16日にレンゲン撮影+診察に行った時に最終リハビリとなる予定です。
最終リハビリと言っても、これからも続く自主トレでどんなことをすればいいのかを聞く程度かと思われます。

半月程前から右足の浮腫みがほぼ無くなりましたが、髄内釘を入れた右膝部分の違和感を感じることが多くなりました。
「髄内釘固定」の手術をされた方のブログを見ると、皆さん違和感を感じられるみたいです。
その違和感も膝のマッサージを繰り返し行うことと、膝の屈伸運動を繰り返すことによって軽減するみたいです。
私は、右足腓骨の髄内釘を抜く予定はありませんので、これからの自主トレで膝の屈伸運動と入浴時のマッサージで違和感軽減をしていきます。

次回は、16日にリハビリ最終チェックとレントゲン撮影+診察に行きます。
恐らく16日以降は、レントゲン撮影+診察に月1度通院することになるのかな?というところです。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
6月12日(手術後146日目)
 つま先立ちでのスクワット等の運動をしつつ膝の屈伸運動もしていますが、本日入浴時に湯船の中で正座してみたら、多少の違和感はありますが正座できました。

お風呂から上がり、ソファーの上で正座できるかを試してみましたがOKでした。 
 

半月程前から膝を曲げて蹲踞(そんきょ)の姿勢をとることは可能でしたが、より深く膝を曲げれるようになりました。

風呂から上がって体が温まっている時は右足の動きは大変に良くなりました。
これも自主トレの成果でしょうか?

先日、理学療法士に「今、困っていることは何ですか?」と聞かれ「正座できないこと」と答えていましたが、困っていることが解決しました。
次の困っていることは「階段を下りるのがぎこちない」ですが、つま先の動きをもっと良くすれば解決しそうなので、無理せずにこれからも自主トレをしていこうと思います。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
6月16日(手術後150日目)
 今日は29度目のリハビリ、10度目の診察とレントゲン撮影に行ってきました。
リハビリ通院は今日が最後でした。
右足首の動きと膝の曲り具合の最終チェックを行い、大きな問題は無し。
リハピリの為に通院することは今日で終わりですが、右足つま先立ち及び膝の屈伸運動は今後も自主トレで行っていきます。
エアロバイク以外に、実際に自転車でサイクリングを行うなどの運動も行っていきます。

2月から29回通ったリハビリステーションとも今日でお別れです。

レントゲン撮影した画像で2ヶ月前の右足骨折箇所と比較してみたら、驚くほどに仮骨が成長していました。
先月までは骨折箇所の骨に隙間が見えましたが、今日撮影された画像を見ると骨の隙間も見えず、順調に回復している感じです。
これまで私の主治医だったT医師は6月24日で退職されるとのことで、次回の診察から私の担当医師は医院長に変更となりました。
主治医からは「今後は1ヶ月毎にレントゲンを撮影して状態を確認するようにします」と言われましたが、何故か看護師からは「次回診察予定は2週間後の6月30日」と告げられました。
30日は都合が悪いので7月1日に診察に行きますが、その時に「今後は毎月初めにレントゲン撮影と診察でいいのでしょうか?」と医院長に相談することにします。

何はともあれ、今日でリハビリ終了ということで一段落です。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
リハビリ(5) 抜釘を目指して
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.