PAGE TOP ▲

表 紙 >右足脛骨・腓骨骨折>リハビリ(3)
リハビリ(3)
治療記録まとめ
骨折しました
根室市内の病院へ搬送
釧路市内の病院に転院
個室に隔離
手術しました
車椅子生活(1)
車椅子生活(2)
松葉杖&退院
リハビリ(1)
リハビリ(2)
リハビリ(3)
リハビリ(4)
リハビリ(5)
リハビリ(6)
抜釘を目指して
抜釘手術(1)
抜釘手術(2)
抜釘後の経過
3月2日(手術後44日目)
 通院後12度目のリハビリでした。
一昨日からの吹雪を伴う降雪で、3月に入っても札幌市内は雪が多い。
地下鉄駅から整形外科病院への歩道も、こんな状態です。



歩道は幅1mくらい除雪がされていますが、松葉杖で歩くのは大変です。
雪道を杖で歩くための「アイスピック付き替えゴム」なんてものが売られていますが、松葉杖で使えるのかは不明です。
「アイスピック付き替えゴム」
http://caretown.info/shopdetail/003000000483/015/011/Y/page1/recommend/

こんな雪道を松葉杖で歩いていたら、初老の女性がすれ違いざまに「大変ですね、お大事に」と声をかけてくれました。
他人のことを気遣ってくれる優しさがとても嬉しく感じました。

通院している整形外科病院のリハビリ科には、現在、理学療法士を目指す学生が実習指導を受けに来ていますが、今日は私を担当している理学療法士が研修生の指導担当で、私のリハビリも実習生に説明しながら行われました。
その説明を聞きながら、私も「なる程、そこを揉むのはそんな効果があるのか」などと納得していました。
右足の状態は、松葉杖無しで歩くことも可能ですが、あまり長い距離を松葉杖無しで歩くことはまだ無理な状態です。
歩道の雪が無ければ、松葉杖では無くて杖を使って歩ける感じです。
それも、一気に長い距離ではなく徐々にという感じでしょうか?
まだまだ回復までには時間がかかりそうです。

次回のリハビリは3月4日。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
3月4日(手術後46日目)
 通院後13度目のリハビリ。
今朝も2cmくらいの積雪があり、気温も低くて雪が融けるどころか凍って歩道がアイスバーン状態で、足の不自由な者にとっては危険な道路状況です。
右足に全荷重OKでなければ、とても松葉杖で歩けるような状況ではありません。

今日のリハビリも足首の柔軟性向上のマッサージが中心でしたが、膝も足首もこの一週間でかなり柔軟性が向上し、歩き方の練習を今日は少ししました。
今日から自宅では無理のない範囲で松葉杖無しで歩くようにし、骨折部分が痛ければ片松葉を使うように理学療法士から言われました。
自主トレも筋力アップの運動をメインにすることにしました。
簡単なところで右足のアキレス腱伸ばしからでしょうか。

「トレーニングチュープ」を使っての筋力アップは、チューブが細くて足から外れたりして効率が悪い。

そこで、新たにシェイプリングを購入することにしました。

ついでに、サッカーの長友佑都選手の専属トレーナー木場克己さんの「体幹力」チューブトレーニングという単行本も購入し、足のトレーニングだけでなく体幹のトレーニングも行うことにしました。

次回のリハビリは、今までの膝・足首の柔軟性向上のマッサージよりも歩き方の練習が中心になると思われ、とりあえず7日に右足のレントゲン撮影+診察に行くので、その結果によってリハビリ日程を決めることにしました。
7日の診察結果次第では「3月10日頃には松葉杖を卒業して杖を使って歩く」ことが可能となるか??

おまけ
両手が塞がれてしまう松葉杖での歩行で、一番厄介なのがドアを開けること。
何時も利用している地下鉄琴似駅では、エレベーターを降りて改札口まで行く間に3回ドアを開け閉めしなければなりません。
このドアが地下鉄の動きにより、空気圧の関係でものすごく開けづらい時がある。
今日は地下鉄改札口から出口に向かって歩いている時に、私のすぐ前を30代の男性が歩いていました。
この男性、ドアを開けて外に出てから振り向きもせずに5秒間位ドアに手をかけて閉まらないようにしてくれた。
私がドアの外に出て「有難うございました」と言うと、振り向きもせずに無言で去っていきました。
無言の背中は「当たり前のことをしただけですよ」と語っているようで、憎らしいくらいに男前だった。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
3月7日(手術後49日目)
 今日は14度目のリハビリと4度目の診断でした。
リハビリは足首の柔軟性向上のマッサージ+片松葉での歩行姿勢チェックと短い距離を松葉杖無しで歩く姿勢チェック。
足首の柔軟性も向上し、次回のリハビリからは歩行に必要な筋力向上の運動が中心になると思われます。

主治医による4度目の診断で「今は3/4荷重ですか?」と聞かれ「10日程前から全荷重です」と答えたら「仮骨は出来てきているが、無理な荷重はしないこと」と言われる。
理学療法士は「無理のない範囲で松葉杖無しで歩くように」と言い、医師は「無理な荷重はしないこと」と言う。
患者としては医師の言うことを聞くほうが何かあった時のことを考えると無難だろう。
調子に乗って松葉杖無しで歩くと、たまに骨折した部分に痛みが走る。
2週間後に5度目の診断が予定されているので、それまでは無理して松葉杖無しで歩くことは控えようと思う。

それでも右足の筋力アップの自主トレは淡々と実施しています。
今日の夕方に「シェイプリング」が届いたので、右足のふくらはぎ引き締め運動を行っています。



次回リハビリは11日、それ以降のリハビリ日程は未定。
今まで月・水・金と週三回リハビリに通っていましたが、来週からは月・金、或いは金のみに変更になるのか?
当初の目標であった「10日から松葉杖無しで歩く」は、北国の歩道はまだ所々に雪があって歩きづらいので、「雪が無くなったら、松葉杖無しで歩く」に目標変更としました。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
 
3月11日(手術後53日目)
 3月も中旬に突入したのに北国は昨日も5cmくらい雪が積もり、日陰はこんな状態の歩道を松葉杖で歩いて今日は15度目のリハビリに行ってきました。

7日のリハビリ以降、足の調子も良いので8日は松葉杖1本で会社に行きました。
行きは良かったのですが帰りは骨折箇所がウズクような痛さで、翌日からはまた松葉杖二本で通勤しています。
本日のリハビリで理学療法士にその話をしたら「1本の松葉杖で歩き過ぎ」と言われました。
右足にできるだけ荷重して歩くことは良いけれど、歩き過ぎはダメですよとのこと。
本日のリハビリは、負荷をかけ過ぎた右足の膝とふくらはぎのマッサージが中心でした。
右足の膝と足首の柔軟性は大変に良くなってきたと言うことで、リハビリの間隔も開けたいところですが、無理して長距離を歩いていないかチェックのために次回は15日にリハビリに来てくださいと言われました。
松葉杖無しで歩けるようになるのは、まだまだ先になりそうです。


ご注意
経過に関しては個人差があり、かつ個人的感覚が多く含まれますので、予め御理解の上、お読みください。
リハビリ(2) リハビリ(4)
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.