PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2009レーザーラジアル北海道選手権
2009レーザーラジアル北海道選手権
メニュー画面へ
初秋の景色
2009年10月3日〜4日に北海道屈斜路湖畔で「2009レーザーラジアル北海道選手権」が開催されました。
今年で4回目となる大会ですが、私の故郷であり、ヨットを始めるきっかけとなった屈斜路湖。
レースそのものよりも、自然の美しさとレセプション開催場所の素晴らしさを写真で紹介いたします。

レースの様子・成績に関しては割愛いたします。
どうしても知りたい人は「北の番屋」をご覧ください。

写真は全てクリックすると別画面で拡大表示(480x360ピクセル)されます
レース当日の朝
私が住む札幌から屈斜路湖までは約380km。
レース受付が3日午前8時のために、私は2日の21時に自宅を出発し、途中で2時間の仮眠をとりながら3日午前6時過ぎに屈斜路湖に到着。
同じく札幌に住むM男は前日は北見出張だったので、2日夜中に現地到着していた模様。
ステージアでの長距離遠征もこれが最後なので記念撮影

屈斜路湖は朝のうちは風も弱くて穏やかで、レース開始時には風待ち状態。
しかし、11時過ぎからラジアル向きの風が吹きはじめ、結局は2日間通して風に恵まれた大会となりました。
レセプション会場への道すがら
レース会場から、レセプション会場である「屈斜路 自然塾」への移動最中に、北東の空に虹が出ていました。
明日は穏やかな天気になるのか?と期待しましたが・・・
レセプション会場
過去にレセプション会場として利用していたコージも素晴らしかったのですが、今回の会場となった「屈斜路 自然塾」はより一層素晴らしいところでした。
レースで自然の雄大さを満喫し、レセプションでは自然の恵みを楽しむ・・・
全国各地に遠征することが多い私ですが、屈斜路湖畔の素晴らしさは別格です。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.