PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2008ラジアル全日本遠征記録>ハプニング
ハプニング
ハプニング
2泊3日の船旅
神頼み
朝の賑わい
180艇その1
180艇その2
おまけ
入賞者
記録
平成20年9月22日〜24日に愛知県蒲郡市海陽ヨットハーバーにおいて2008全日本レーザーラジア・レディース・4.7クラス全日本選手権大会が開催されました。
2009年夏に唐津で開催されるラジアルワールドのクオリファイがかかったレースの為に、180艇がエントリーするというBIGなレースでした。
「蒲郡は吹く」という噂通りに、大会初日・二日は風に恵まれ、永井兄弟を筆頭に一軍選手による高レベルのレースが展開されました。
特にレディースはナショナルチームメンバーと470級近藤選手・田畑選手による熾烈なトップ争いが最終レースまで繰り広げられました。
夏の短い北海道ではヨットに乗れる期間も短く、11月上旬にはハーバーが閉鎖されてしまいます。
私が艇を置いている祝津ヨットハーバーも11月9日に艇庫が閉められてしまうために、10月上旬から洞爺湖に練習場所を移して練習をしていましたが、10月19日にハプニングが発生しました。

10月19日
風は7m/s程度でしたがウネリが高い日で、出艇時に艇体が波にあおられて岸に打ち上げられそうになり、センターボードを入れてメインシートを引く操作を少し焦りました。
何とかクローズで離岸したところで右手薬指が痛いことに気がつきますが、単なる突き指だろうと練習開始。
2時間後には右手薬指が痛くて、メインシートが満足に引けない状態になり練習終了。
右手薬指を湿布して数日間様子を見る。

10月24日
右手薬指の第二関節から上部が小指側に湾曲しているのが気になり、整形外科を受診。
「右手薬指側副靭帯断裂」で全治4週間と診断され、中指と薬指がギプスで固定される。
10月23日 夜の状態
薬指の第二関節から上部が小指側に湾曲
10月24日 整形外科を受診
全治4週間という診断に内心焦る
11月18日
蒲郡は吹くことを察知し、ラジアルから4.7にリグ変更したい旨を実行委員会にメールで打診。

11月19日
20日から27日まで名古屋出張を口実にギプスを外してもらい、しばらくはテーピングで中指と薬指を固定することになりました。
午後7時苫小牧〜名古屋行きフェリーに乗船
11月19日 ギプスが外され、
中指が動かせるようになりました
11月20日
大会実行委員会より4.7へのリグ変更許可の連絡が届きました。

11月22〜24日
ツイン・ビーで右手中指と薬指を固定し、改造したセーリンググローブを使用してレースに参加。
ティラー操作は影響無しですが、メインシートの操作に若干苦労します。
全沈して艇起しで半沈状態からセンターに乗る動作で、右手で十分にセンターを握れず、第二レースは痛恨のリタイアでした。
レース中の艇にレスキューされたり、運営の大学生に沈起しをしてもらったりと大変にご迷惑をかけ、誠に申し訳ございませんでした。
ツイン・ビーという指サポーターを発見
濡れても影響ありません
セーリンググローブの右手中指と人差し指をジョイントして使用しました
11月28日
北海道に戻ってきた翌日に病院に行き、指の状態をチェックしました。
普段はテーピング不要で、なるべく指を動かすこと。
重い物を持つ時などには中指と薬指をテーピングすること。
この2点を守り、入浴時と洗顔時にお湯の中で薬指をマッサージし、その後消炎軟膏を塗ることを当分続けることになりました。
11月28日 テービングも不要となる。
薬指の第二関節はまだ腫れた状態
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.