PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2008ラジアル全日本遠征記録>2泊3日の船旅
2泊3日の船旅
ハプニング
2泊3日の船旅
神頼み
朝の賑わい
180艇その1
180艇その2
おまけ
入賞者
記録
いつもは本州遠征と言えば、新日本海フェリーの小樽〜舞鶴間を利用するのですが、今回は太平洋フェリーの苫小牧〜仙台〜名古屋を利用しました。

吉田拓郎の「洛陽」の出だしの詩にある、苫小牧発仙台行きフェリー・・・・です。
19時に苫小牧出港、翌日10時仙台入港、12時50分仙台出港、翌日10時30分名古屋入港の2泊3日の船旅です。

小樽〜舞鶴間のフェリーと比較して、1日余計にフェリーに乗っていることになりますが、本州での陸路の移動距離が短くて済むこと、フェリー代がほとんど同じなのでガソリン代の節約になることが利点です。
11月19日 午後7時苫小牧港出港の「きたかみ」乗船待ちの列に並ぶ
「きたかみ」のA寝台
2段カプセルベットタイプです
デジタル放送(BS)受信テレビ、読書灯、時計、キルケット、枕完備
荷物を積むスペースが無いのが辛いところですが、テレビは
BS放送が画像の乱れも無く24時間見れるので退屈はしません
展望室から望む名古屋港
展望室は「きたかみ」にだけあるパプリックスペースです。
操舵室の下にある部屋なので、航路の前方が見えて航海士の気分が満喫できます。
しかも、この部屋はスイート・セミスイート・特等というハイグレードな個室があるフロアー
にありますので、マニア以外は知らない場所で、ゆったりとできます。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.