PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>2007秋の東北選手権遠征記録
2007秋の東北選手権遠征記録(帰り道)
メニュー画面へ
松島まで
松島にて
危うく艇体落下?
12日は低気圧の影響で東北地方は風雨が強かった。
特に青森県は床上浸水の被害をうけた地域もあるくらの集中豪雨で、東北自動車道も青森JCTから先は通行止めとなっていました。
11日夕方に東北自動車道に入り、長者原SAで牛タン塩焼き、前沢SAではステーキを食べてスタミナ満点の私は高館PAで爆睡し、12日朝8時過ぎに青森ICを降りましたが出口のETCレーンが反応せず。
係員に高速に入った場所と時間を聞かれ「11日16時頃に仙台宮城から」と答えましたが、長時間高速にいたのが原因のようなことを言われ、かなり気分が悪い。
艇の点検 左から右へ移動 隙間が無い
気分も天気も悪い中を一路青森港を目指して走りますが、とにかく風が強い。
青森港まで5kmくらいのところで強い横風を受け、カートップしている艇体がずれる。
どこかに停車させて点検を・・・と道路の左端をソロソロと走っていたら目に入ったのが「あおもり健康ランド」の看板。
ここの駐車場に停めて点検したら、艇体は左から右に10cm程移動していました。
固定しているシートが少し緩んでいたことが原因ですが、風雨の強い時は通常よりもシートの点検等をこまめに行うことが大切であることを実感。
津軽海峡波高し
岸壁に打ち付ける波 岸壁はゴミだらけ
艇体落下か?という危機を乗り越えて青森港に到着したら、またまた危機が訪れました。
何と10時出港のなっちゃんはおろか、15時出港のなっちゃんも欠航です。
16時40分出港の普通のフェリー?は間違いなく出港するとのことで、その便の予約をする。

16時過ぎまでの6時間余りをどこで過ごすか?
名前の似ている「棟方志功記念館」にでも・・・とネットを検索したら月曜日は休館だった。
どこまでもツキの無い今回の遠征。
あとは行くところは1つ。艇体チェックで車を停めさせてもらった「あおもり健康ランド」。
風呂に入り食事をしてまた風呂へ。
悪夢のような遠征の悪いものを洗い流して北海道に帰ってきました。
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.