image 15 of 32
photo
11月3日11時20分:同郷の友「Mr.沈さん」
私がレーザーに乗り始めたのが三浦半島にある三戸浜ですが、艇を置いていた「オシャンビュー」というところでMr.沈さんに遭遇しました。
やけに調子が良くて、口が悪い親爺がいるなと思っていましたが、言葉の端はしに故郷北海道なまりを感じ、恐る恐る「どこの出身ですか?」と聞いたところ「北海道の美幌町という大都市だべさ」というお答え。
「いやー、美幌かい?私は弟子屈(てしかが)の出身さー」ということで、北海道東部にある屈斜路湖をはさんで東側にある弟子屈と北西側にある美幌出身の二人が偶然の出会いをしたのでした。
私が北海道に転勤となってから、遠征の地でMr.沈さんに会うのは今回が始めてですが、相変わらずにレース中もレース後も口うるさい親爺でした。
前へ 次へ