PAGE TOP ▲

表 紙 >小さいヨット>1998全日本遠征記録>原爆資料館
原爆資料館
出発までの日々
唐津城とヨット
唐津くんち
長崎浪漫紀行
原爆資料館
グラバー園
孔子廟
癒しの里湯布院
ようこそ地獄へ
猿山見物
北の国へ98’秋
走行データ
98’全日本選手権成績
1945年8月9日 私たちはこの日の出来事を決して忘れてはいけない

今回、長崎を駆け足で回って、一番印象に残ったのが「長崎原爆資料館」でした。

地下2階の展示室に一歩入ると「こっこっこっ・・・」という柱時計の秒針音が響きます。目の前に広がるのは原野と化した長崎の街・・・

大浦天主堂の遺品がライトに照らされ薄暗い空間に悲しげなキリスト像。展示されている物・写真はまさに熱地獄の世界そのもの。被爆された人の無念さ、そして人間の愚かさを感じてなぜか悲しくなってきた。

原爆資料館の中は撮影禁止になっていますが、自由に撮影してくださいと言われてもカメラを向ける気にはなりません。

中庭に出ると、平和を願う銅像がいくつかありましたので、その写真です。(平和公園にも銅像があったと記憶していますので、もしかしたら平和公園で撮影したものが混ざっているかも知れません)
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.