PAGE TOP ▲

表 紙 > 小さいヨット> 第26回レーザー全日本マスターズ選手権大会情報(非公式) >小樽築港臨海公園の紹介
第26回レーザー全日本マスターズ選手権大会非公式情報
■小樽築港臨海公園の紹介
小樽築港臨海公園への目印は、ウイングベイ小樽の観覧車「レインボークルーザー」です
この観覧車を目印に来ると迷うことはありません。
公園の駐車場入口には3本のポールが立っています。
間隔が狭いので、大きな車はポールに接触しないように注意が必要です
築港臨海公園の看板の反対側(海側)にはこんな注意書きが記載された看板があります
駐車場入口の両端のポール間には、夕方5時半から翌朝9時半まで
鎖がかけられ、車の出入りはできません。
公園内においてテントの設営や火気の使用は禁止されています。

大会期間中にキャンプを計画されている方は
大会実行委員会にテント設営場所等の確認をお願いします。
公園の中には遊具があって、子供達の遊び場となっています
通常は海側はご覧のように柵があって「何処からヨットを降ろすのか?」と思いますが
柵の海側に桟橋を固定できる場所があり
普段は何処かに浮かべているのであろう「浮き桟橋」が取り付けられます
この浮き桟橋、某県で開催した国体の時に使用した物だそうで
幅10m、奥行き20m程度の大きさです
JR小樽築港駅から、歩道橋を渡って公園に向かって来た時の景色です
裕次郎記念館方向から徒歩で公園に来る途中にあるベンチです
ここに座って出艇していくヨット、帰って来るヨットを見るのはすごく素晴らしいと思われます。
レース海面までの距離が不明ですが、このベンチに座ってヨットレースを見ることも可能かと思います
公園内から見る海は、お世辞にも綺麗とは言えません。
おまけに真夏には異常にクラゲもいるし・・・
マスターズが開催される頃にはクラゲがいなくなることを祈っています
表紙に戻る
Copyright © ヨットは只今漂流中 All Rights Reserved.